和ダンスの中の古い着物から順に陰干しして、私の成人式の振袖の陰干しまでたどりつきました。
このところ雨で湿った日がなかったのが幸いです。
あまりキチッとした性格でもないので、サラッと干しただけで終わらせたのですが。

買取に出せるおおよその着物の枚数と、帯、羽織の枚数は把握できました。
成人式などに使った小物類は良い物なので、買取の時に一緒に査定をお願いしようと思います。
着物以外の和装小物も査定の対象になるそうです。

着物の写真も全て撮り終わったし、だんだんと査定できる状態に近づいてきました。
別にここまですることはなく、買取をお願いしても良いんですけれどね。
どうしてもどのような着物が家にあったのか知りたくて、ここまでやりました。

普段洋服しか着ないので、着物の綺麗な刺繍や柄が素晴らしい物に見えて、少しでも高く買い取っていただける事を祈りますね。
価値は値段だけでも無いですが、やはり少しでも大事に着てもらえる方の手に渡ってほしいものです。
成人式の着物など、一度友達の結婚式に着ていっただけなので、購入して2回しか着ていないことになります。
なんてもったいないことをしたのでしょう。
もっと着ておけば良かったなと思います。
娘でもいれば譲ることができたのでしょうけれど、あいにく我が家は男の子兄弟なので。

買取業者を決める前に、正絹の訪問着をリサイクルショップに持っていったのですが、あまりに安いというか、全く価値のわかる店員が無くて残念で持ち帰りました。
総合リサイクルショップなので無理もないのですが。
そこで、古着屋さんなら少しはわかるのでは?と、友達に車を出してもらって持っていったのですが、総合リサイクルショップとほぼ変わらず。
全く知識はなく、二束三文の値段を言われたり、着物は引き取りませんと断られたり、1日を疲労で終わらせた感じでした。

今の時代、ほとんど普段着としては着物は着ないので無理ないのですが残念です。
まず着付けを習わないと自分では着られないというハードルもありますしね。

母や祖父母の時代は普通に着ていた着物ですが、ここ数十年でどれだけ日本文化が変わったのか思い知らされました。

しかし、慣れない陰干しは大変!
一着一着が洋服と違って重いので、ハンガーにかけて干すだけでも結構な重労働でした。
店舗に持ち込んで買取してもらえる方法もあるそうですが、私は絶対に出張買取です。
車の運転をしない私にはベストなサービスです。

ほぼ買取を頼める状態になったので、来週あたりでも買い取りをお願いしてみようと思います。
いまは和室の隅っこに着物の山です。